キムチ専門店大黒 キムチお取り寄せ

「わらび」

蕨市は「わらび」と読むのですがわらびという地名の由来は「蕨」という説と「藁火」がなまったという説があります。
蕨説では「武蔵野の草葉にまさるさわらびをげにむらさきの塵かとぞみる」という僧慈鎮の歌からもじったとされています。
「藁火」説の方は立ち上る煙を見た源義経が「藁火村」という名前をつけたという説です。

 

蕨市は昔、中山道の宿場町としてにぎわいを見せていました。
その後は機織物の町として有名になり栄えたのです。
機織物は経済の基盤を築くまでになりました。

 

戦後になると首都圏が拡大したのでそれとともに住宅都市として発展するようになります。
今でも機織まつり、宿場町まつりなど催しが行われています。
歴史を大切にする町なのです。

 

市域面積が5、10平方キロメートルで全国でも1番小さい市であり人口密度も高い事で知られます。
その過密さもあり住民間での交流は深く、各地域でコミュニティ活動も活発です。

 

現在蕨市は町の将来像として市は歓びあふれるふれあいの町を目指して魅力的なまちづくりを進めているのです。


大宮のデリヘル人妻風俗情報

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/